【日焼け止めの成分】紫外線吸収剤と紫外線錯乱剤について【肌荒れ】

日焼け止め 成分

 

どうも、ブログの運営者@komugi_csmです。

 

夏には欠かせないアイテムの日焼け止め、オーガニックコスメが好きになってから日焼け止めの成分にも気を使うようになりました。

 

なぜなら、強い日焼け止めを使った後は必ず肌荒れするから…!

 

肌に負担の少ない日焼け止めを探しているうちに、日焼け止めの成分について勉強してみたのでシェアしていきます。

 

Komugi

肌が弱いから日焼け止めを使うと肌荒れする…肌に優しい日焼け止めを使いたい…という方はぜひチェックしてみて下さい。

日焼け止めの成分について

 

日焼け止め 成分

 

日焼け止めは、紫外線吸収剤(きゅうしゅうざい)紫外線錯乱剤(さくらんざい)という成分使った2種類が主流です。

 

紫外線吸収剤
紫外線を一度吸収し、化学反応で熱エネルギ―に変えて放出する

紫外線錯乱剤
物理的に紫外線を反射して日焼けを防ぐ

 

紫外線吸収剤(きゅうしゅうざい)の特徴

 

多くの日焼け止に使われているのが、「紫外線吸収剤(きゅうしゅうざい)」を使ったもの。

 

紫外線吸収剤は、日焼け止め成分に紫外線を吸収させ、化学反応により熱エネルギーに変えて放出させることで紫外線が皮膚に入り込むのを防ぎます。

 

\ 紫外線吸収剤の成分 /

 

・メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
・メトキシケイヒ酸オクチル
・パラメトキシケイ皮酸エチルヘキシル
・ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
・ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン
・t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
・オクチルトリアゾン
・オクトクリレン
・オキシベンゾン-3
・サリチル酸2エチルヘキシル

紫外線錯乱剤(さくらんざい)の特徴

 

紫外線錯乱剤(さくらんざい」は肌の表面に塗った日焼け止めの成分に、紫外線を反射させて日焼けを防止するものです。

 

オーガニックコスメなど自然派の日焼け止めで使われているのが、この紫外線錯乱剤です。

 

\ 紫外線錯乱剤の成分 /

 

・酸化チタン
・酸化亜鉛

 

各日焼け止め成分の
メリットとデメリット

 

メリット デメリット
紫外線吸収剤
  • UV効果が高い
  • 塗り心地がよい
  • 白浮きしにくい
  • 汗で落ちにくい 
  • 肌荒れしやすい
  • 刺激が強い
  • 石油成分
  • 発がん性がある
  • アレルギー性がある
紫外線錯乱剤
  • 肌に優しい
  • 軽いつけ心地
  • 刺激が少ない
  • 環境に優しい
  • 自然由来成分
  • 白浮きしやすい
  • UV効果はそこそこ
  • 汗で落ちやすい

 

紫外線吸収剤の場合は、肌に塗った日焼け止めが紫外線を一度吸収し、化学反応を起こして熱エネルギーとして放出させます。

 

強力なUVカット効果がありますが化学反応で熱に変わる時に刺激になりやすく、敏感肌など肌が弱い人は肌荒れを起こしてしまうことも…。

 

日焼け止め 成分

 

日焼け止めを使った後は必ずニキビや炎症などの肌荒れを起こす…。という方は日焼け止めに含まれている、紫外線吸収剤が原因かもしれません。

 

一方、紫外線錯乱剤は天然の成分で紫外線を物理的に反射させるので、肌に余分な負担をかけることなく敏感肌の方でも安心して使うことが出来ます。

 

しかし、吸収剤に比べるとUVカット効果が劣るのでこまめに塗りなおすことが重要です。

 

 

紫外線吸収剤と錯乱剤
どちらが肌にいい?

 

肌に安全な方はどちら?といった質問が多いのですが、紫外線錯乱剤を使った日焼け止めの方がお肌には安全と言えます。

 

紫外線吸収剤は常に肌の上で化学反応が起きている状態で、肌にも大きな負担をかけてしまいます。特にデイリー使いで塗る日焼け止めに吸収剤が入ったものを使うと毎日毎日肌に負担をかけることに…。

 

しかし最近では、技術が進歩していることもあり紫外線吸収剤でもナノカプセルでコーティングして肌に直接触れないようにしてあるものも増えてきました。

 

なので、強力なUVカット効果がある紫外線吸収剤は、夏のレジャーにピッタリ!紫外線錯乱剤は汗や皮脂、水で落ちやすいので、夏にたっぷり汗をかく時やプールや海など水に濡れる時は吸収剤のモノがおすすめです。

 

Komugi

とにかく日焼けが一番お肌に悪いので、レジャーでは少し肌に負担をかけてでも紫外線をカット!その後しっかりケアしてあげましょう。

 

なので、普段使いは錯乱剤を使った日焼け止め、レジャーなど紫外線を長時間浴びる時には吸収剤がベストかなと思います。特に水に入るときは吸収剤の方が取れないです!

 

 デイリー使い・・・紫外線錯乱剤の日焼け止め

 アウトドアや夏場のレジャー・・・紫外線吸収剤の日焼け止め

 

紫外線錯乱剤を使った
おすすめの日焼け止め

 

今回は私も使っている紫外線錯乱剤を使ったおすすめの日焼け止めを紹介していきます。

 

今回紹介するものは、自然由来の成分のものが多いのでお肌にも優しく紫外線をカットしてくれますよ。

 

WELEDA(ヴェレダ)エーデルワイスUVプロテクト

 

価格: ¥2,484(税込)50mL

 

  • SPF38 PA++
  • 石けんで落とせる
  • 合成保存料・合成香料・鉱物油不使用

 

私も愛用しているWELEDA(ヴェレダ)の日焼け止め

 

強い紫外線、乾燥、冷たい風にも負けずに咲くエーデルワイスのエキスが入り、他にもたくさんのオーガニック成分が入っている日焼け止め。

 

数ある日焼け止めの中でも、特に香りが良くて伸びがいいので気に入っています。デイリー使いにピッタリ。

 

Komugi

ほんのり白くなるので、化粧下地としてもおすすめ。

 

\ 成分 /

水、グリセリン、オリーブ果実油、酸化チタン、スクワラン、エタノール、ラウリン酸ポリグリセリル-10、アルミナ、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、シリカ、エーデルワイスエキス、アロエベラ液汁、サンシキスミレエキス、香料、ステアリン酸、ベヘニルアルコール、アラビアゴム、キサンタンガム、パルミチン酸デキストリン、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、酸化鉄

 

ナチュラグラッセ UVプロテクションベース

 

価格:本体 3,200円(税抜き)30mL

 

  • SPF50+ PA+++
  • 石けんで落とせる
  • ブルーライトカット97.2%
  • 近赤外線カット92.9%

 

今一番気になっている日焼け止めがナチュラグラッセのUVプロテクトベース

 

Komugi

普段のファンデーションもナチュラグラッセを使っているので、絶対に良いのがもうわかる…(笑)

 

ナチュラグラッセのいいところは何と言っても、高い紫外線カット効果と紫外線のみならずブルーライトもカットしてくれるところ。

 

仕事柄パソコンや携帯を一日中みているので光老化に怯えている毎日。ブルーライトカットできるコスメは本当にありがたい。

 

成分をみても、植物オイルやエキスをふんだんに使っているので保湿&肌にもよい!

 

近々購入するのでレビューも書きます。

\ 成分 /
水、プロパンジオール、酸化チタン、オリーブ果実油、スクワラン、イソステアリン酸エチル、ラウリン酸ポリグリセリル-10、アルミナ、ヤシ脂肪酸ソルビタン、セスキイソステアリン酸ソルビタン、ホホバ種子油*1、ヒポファエラムノイデス果実油*1、キサントフィル、ダイズ種子エキス*1、ビルベリー葉エキス*2、ダマスクバラ花油、センチフォリアバラ花油、ローマカミツレ花油、ラベンダー油、パルマローザ油、オニサルビア油、ニオイテンジクアオイ油、セイヨウネズ果実油、グレープフルーツ果皮油、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、コメ粉、グリセリン、スクロース、タピオカデンプン、シリカ、キサンタンガム、ベヘニルアルコール、パルミチン酸デキストリン、クエン酸Na、クエン酸、アルギニン、アニス酸、アニス酸Na、レブリン酸Na、ココイルグルタミン酸2Na、ココイルグルタミン酸Na、BG、ステアリン酸、酸化鉄、ラウロイルリシン、水酸化Al *1オーガニック成分 *2ワイルドクラフト成分

 

チャントアチャーム UVフェイス&ボディプロテクター

 

価格:3,024円(税込) 80mL

 

  • SPF43 PA++
  • 石けんで落とせる
  • 無香料、無着色
  • 合成界面活性剤、鉱物油、パラベン、合成香料、シリコン、ナノ粒子不使用

 

人気の国産オーガニックブランド、チャントアチャームのUVフェイス&ボディプロテクター。

 

赤ちゃんにも使える優しい日焼け止めとして有名で、なにより日焼け止めらしからぬ(!?)さっぱりとしたテクスチャーが魅力!

 

日焼け止め特有のヌルつきとかベタつきが本当に嫌いで、これはさらっとしているので乳液感覚で使うことが出来ます。

 

日焼け止め嫌いの方や敏感肌の方にまず日焼け止めをおすすめするならチャントアチャーム!

 

Komugi

ただ、PAが弱めなのでよく外に出る方や窓際で作業する方には心細いかも…

 

\ 成分 /
水、酸化チタン、プロパンジオール、オリーブ果実油、マカデミアナs種子油、ラウリン酸メチルヘプチル、イソステアリン酸エチル、野菜油、ゲットウ花/葉/茎水、セスキイソステアリン酸ソルビタン、カプリン酸ポリグリセリル-3、コンフリー葉エキス、オウゴン根エキス、コメヌカスフィンゴ糖脂質、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、グリセリン、パルミチン酸デキストリン、コメヌカ油、レシチン、水添レシチン、キサンタンガム、クエン酸、アニス酸、アニス酸Na、レブリン酸Na、ヒドロキシステアリルアルコール、ヒドロキシステアリルグルコシド、オレイン酸ポリグリセリル-10、BG、アルミナ、ステアリン酸、ラウロイルリシン

ETVOS(エトヴォス) 日焼け止め美容液 ミネラルUVセラム

 

価格:3,456円(税込) 30g

  • SPF35 PA+++
  • 石けんで落とせる
  • 石油系界面活性剤、鉱物油、シリコン、タール系色素、香料、ナノ粒子不使用

 

ミネラルファンデが人気のエトヴォスから出ているミネラルUVセラム

 

エトヴォスのスキンケアの特徴でもある、ヒト型セラミド使った高い保湿力のある日焼け止めです。

 

保湿効果がありつつもべたつかないので、乾燥肌で日焼け止めが苦手な人にもおすすめ!

 

テクスチャーとしては乳液のような感覚で、するする使えます。少し白っぽくなるので厚塗り注意!

 

Komugi

薄く塗ると、肌のトーンがアップして明るくなるので化粧下地としてもおすすめです。

 

\ 成分 /
水、プロパンジオール、グリセリン、酸化チタン、スクワラン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ペンチレングリコール、ラウロイルサルコシンイソプロピル、セラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド5、セラミド6Ⅱ、フィトステロールズ、ヒアルロン酸Na、シロキクラゲ多糖体、タウリン、リシンHCl、グルタミン酸、グリシン、ロイシン、ヒスチジンHCl、セリン、バリン、アスパラギン酸Na、トレオニン、アラニン、イソロイシン、アラントイン、フェニルアラニン、アルギニン、プロリン、チロシン、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、グリチルリチン酸2K、ステアリン酸、ステアリン酸ソルビタン、ベヘニルアルコール、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、ステアロイルメチルタウリンNa、水添レシチン、アクリレーツコポリマー、ヒドロキシプロピルメチルセルロースステアロキシエーテル、キサンタンガム、水酸化Al、トコフェロール、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール 

ユースキンS UVミルク

価格:747円~ 40g

  • SPF25 PA++
  • 石けんで落とせる
  • 無香料・無着色・弱酸性
  • アルコールフリー

 

自然派コスメではないですが、こちらは子供にも使える低刺激の日焼け止め

 

うるおい成分には「しその葉エキス」を配合して、お肌を守りながら優しく紫外線をカットしてくれます。

 

何より魅力なのが、そのお値段!700円代で購入できるコスパの良さでデイリー使いとしてもバンバン使えます。ドラッグストアで気軽に買えるところも魅力。

 

Komugi

SPFもPAも弱めですが、値段が安いので気兼ねなく塗りなおしが出来ますね!

 

\ 成分 /
水、パルミチン酸エチルヘキシル、酸化チタン、BG、ペンチレングリコール、ステアリン酸ソルビタン、トリエチルヘキサノイン、メタクリル酸メチルクロスポリマー、アルミナ、グリセリン、ヒアルロン酸Na、グリチルリチン酸2K、シソエキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、トコフェロール、クエン酸、クエン酸Na、ポリソルベート80、イソヘキサデカン、ベヘニルアルコール、ジカプリン酸ネオペンチルグリコール、ヤシ脂肪酸スクロース(アクリル酸Na/アクリロイルジメチルタウリン)コポリマー、キサンタンガム、イソステアリン酸PEG-60グリセリル、メチコン、ポリヒドロキシステアリン酸、メチルパラベン

NOV ノブ UVシールドEX

 

価格:2900円 30g

  • SPF50+ PA++++
  • 石けんで落とせる
  • 低刺激・無香料・無着色

 

敏感肌におすすめなのがNOVの日焼け止め!SPF50+ PA++++という最強の紫外線カット効果を持ちつつも紫外線吸収剤は不使用。

 

ノブは自然派コスメでは無いですが、敏感肌さんでも使いやすいコスメとして人気があります。

 

Komugi

私も以前はよくお世話になっていた、お気に入りのブランドです。

 

けんで落とせるのにウォータープルーフで高い紫外線カット効果!美白重視しつつも肌に優しい日焼け止めをという方におすすめです。

 

\ 成分 /

水、シクロペンタシロキサン、酸化チタン、BG、酸化亜鉛、ジメチコン、ネオペンタン酸イソステアリル、PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン、PEG-75、グリセリン、PEG-9ジメチコン、ポリグリセリル-3ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン 、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、水酸化Al、グリチルリチン酸2K、ヒアルロン酸Na、トコフェロール、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、(ハイドロゲンジメチコン/オクチルシルセスキオキサン)コポリマー、 (ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー 、シリカ、ステアリン酸イヌリン、トリ(ベヘン酸/イソステアリン酸/エイコサン二酸)グリセリル、トリエトキシシリルエチルポリジメチルシロキシエチルヘキシルジメチコン、ハイドロゲンジメチコン、塩化Na、含水シリカ、フェノキシエタノール

 

 

まとめ

日焼け止めには紫外線吸収剤紫外線錯乱剤を使った2種類がありますが、比較的お肌に優しいのは紫外線錯乱剤を使った日焼け止めです。

 

オーガニックコスメでも日焼け止めはこの紫外線吸収剤を使ったものがポピュラーで、肌に優しく紫外線をカットしてくれます。

 

ただ、錯乱剤を使ったものは落ちやすい紫外線カット効果が穏やかといったデメリットもあるので、レジャーや強い日差しを浴びる時は紫外線吸収剤を使うことをおすすめします!

 

Komugi

私もデイリー使いは紫外線錯乱剤の日焼け止め、アウトドアでは紫外線吸収剤の日焼け止めを使ってUV対策しています🎵

 

 

\ こちらの記事もおすすめ /

・【光老化】ブルーライトや電磁波による肌への影響!【スマホで老化】

・【肌トーンUP】日焼けをリセット!おすすめの美白スキンケアSET

 

 

\ SNSも気軽にフォローしてね /

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です