【Dr.ハウシュカ】おすすめアイバーム使用レビュー【目元小じわ対策】

ドクターハウシュカ アイバーム

 

どうも、ブログの運営者@komugi_csmです。

 

冬も本番になり気になるのが乾燥ですよね。とくに30代になってから目元の乾燥が気になるように…。

 

そこでおすすめなのがドクターハウシュカのアイバームです!

 

Komugi

目元の小じわを防ぐためにも最近使っているお気に入りのアイバームを紹介します!

 

Dr.ハウシュカ アイバーム

ドクターハウシュカ アイバーム

Dr.ハウシュカ アイバーム

 

ドイツ発のオーガニックコスメで知られるDr.ハウシュカのアイバーム

 

ドクターハウシュカ アイバーム

濃い黄色のバーム

 

濃い黄色をしたバームが特徴で、成分のすべてが自然由来のもので出来ています。

 \ 成分 /

ヒマシ油、ピーナッツ油、ミツロウ、ニンジン根エキス、アンチリスブルネラリアエキス、アンズ核油、トウキンセンカ花エキス、カカオ脂、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、シルク、ホホバ種子油、メリアアザジラクタ葉エキス 、香料、レシチン

※香料は天然由来の精油を利用しており、シトロネロール、ゲラニオール、リモネン、リナロール、シトラール、オイゲノール、ファルネソール

成分の一番の特徴が「ニンジン根エキス」が入っていること。

 

ニンジン根エキスはカロットエキスとも呼ばれ、保湿皮膚代謝促進血行促進作用があります。

 

血行を良くするのでクマを予防し、くすみのない目元にしてくれます。

 

他にも保湿効果の高い植物オイルやエキスが豊富に含まれているので乾燥しやすい目元をしっかり保湿してくれます。

 

ドクターハウシュカ アイバーム

10mlのサイズ

 

Dr.ハウシュカ
アイバームの使い心地

ドクターハウシュカ アイバーム

 

アイバームなので、クリームよりもこっくりとしていてバターのような質感。

 

ドクターハウシュカ アイバーム

 

硬めのテクスチャーで、使う時は爪でとるようにしています。

 

その後、体温で温めるように指でこすってバームを溶かします。

 

ドクターハウシュカ アイバーム

体温で溶けていきます

 

バームを溶かしたら目のキワや周りによーく塗り込んでください。

 

塗った後はツヤツヤにはならないけど、しっかり肌に密着して保湿成分が残っている感じ。

 

ドクターハウシュカ アイバーム

肌に塗った後

 

Dr.ハウシュカは夜のスキンケアはオイルフリーを推奨しているため、このアイバームは日中用ですが私は夜メインで使っています。

 

Komugi

寝る前にたっぷり塗って寝ると朝まで目の周りがしっとり!

 

もちろん日中にも乾燥がひどい時には使っています。

 

香りは、ほのかに柑橘系の精油が香るぐらいなので全く気になりません。

 

 

まとめ

ドクターハウシュカ アイバーム

 

以前はクリームタイプのアイクリームを使っていたのですが、年々ひどくなる乾燥に、クリームじゃ間に合わない!

 

特に30代からの女性にはアイクリームよりもバームがおすすめです。

 

最近お仕事させて頂いている30代女性向けWebメディアの「3Qs(サンキューズ)」さんでも、おすすめのオーガニックバームについての記事を書かせて頂きました!

 

記事はこちらから30代女性におすすめのオーガニックバーム11選!全身に使えるマルチな保湿アイテムを紹介

 

Komugi

定期的にオーガニックコスメや植物療法についての記事を書いているので、ぜひこちらもチェックしてみて下さい。

 

 

\ こちらの記事もおすすめ /

【乾燥肌】チャントアチャームローションRレビュー【オーガニック化粧水】

抗酸化力が〇〇の3倍!マルラオイルの効能をアツく紹介【神オイル】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です